More Website Templates @ TemplateMonster.com -September 19th, 2011!
  • 本物の強さを手に入れろ

    ただ筋力を鍛えるだけではない。

    HSJが推奨する「ハードスタイルトレーニング」は、ただ筋力を鍛えるだけでなく、出力と脱力を利用した「本物の力」を身に付けることで、スポーツだけでなく、日常生活にも通じる「強さ」を鍛錬できる。

    力は技術

    無限に続く挑戦。

    ハードスタイルトレーニングは、最初は誰にでも始めやすいが、進めていくうちに技術が必要な難易度の高いものに挑むことになるだろう。

    「ハードスタイル」を極めることで様々な効果が得られる。

  • 日本唯一の国産ケトルベル

    熟練された鋳物魂が込められた「MADE IN JAPAN」だからこそ、ハードスタイルの世界を存分に感じられる。

    Read More

    新登場。ブロックウェイト

    MADE IN KUWANAのくわな鋳物でお届けする、最高級のブロックウエイトです。

    amazonで購入

    「ケトルベル」LINE UP

    48kg

    24,000円

    ケトルベル最高重量。
    通称「ビースト」
    amazonで購入

    40kg

    20,000円

    48kgへのステップ
    通称「ブルドック」
    amazonで購入

    32kg

    16,000円

    ケトルベルエリートが使用する
    使用重量
    amazonで購入

    24kg

    12,000円

    コンタクトスポーツ
    アスリートの使用重量
    amazonで購入

    16kg

    8,000円

    男性アスリートの
    開始重量
    amazonで購入

    12kg

    6,000円

    女性アスリート、一般男性の
    開始重量
    amazonで購入

    8kg

    5,000円

    一般女性の
    開始重量
    amazonで購入

  • はじめに

    ハードスタイルジャパン(以下、HSJ)では、伊藤鉉鋳工所のトレーニング製品による高難易度種目の達成者を認定する制度を実施しています。
    自分の力を知りたい、証明したい、ライバルや目標を知ることによってモチベーションをより高めたい、 という方々は是非挑戦してみて下さい。

    認定種目

    ケトルベル48KG


    ・ミリタリープレス
    ・ゲットアップ
    ・ベントプレス
    ・スナッチ
    ・ボトムアッププレス

    ブロックウエイト50LBS


    ・デッドリフト
    ・クリーン&プレス
    ・スナッチ
    ・トス
    ・回転トス

    インチダンベル78KG


    ・デッドリフト
    ・クリーン
    ・クリーン&プレス

    基本ルール

    ●認定は動画判定によって行います。

    ●挑戦者は、試技開始前、もしくは後に製品の「鉉」の
    ロゴと、重量を写すようにして下さい。

    ●ケトルベルの試技を撮影する際には、膝の見えるズボンを
    着用し、必ず全身が見えるようにして下さい。

    ●ケトルベルの試技の際には、裸足か、底の薄いシューズに
    よって行ってください
    (リフティングシューズ等の使用は禁止です)。

    ●ギア各種、パワーベルト、リストストラップ等の
    サポート器具の使用は禁止します。

    ●チョークは松ヤニが含有されていない物に限り液体、
    粉末共に使用可能です。

    種目別ルール

    申請方法

    ①まず下記よりHSJ公式ラインに友達登録してください。


    友だち追加



    ②トーク画面に撮影した動画をおおくりください。
    ※必ず基本ルール及び種目別ルールを厳守してください。


    ③続けてトーク画面より、【お名前(漢字・ローマ字)】【住所】【電話番号】をお送りください

    ④認定まで1~2ヵ月のお時間がかかる場合がございます。

    ⑤認定者はHPに名前が掲載され、後日認定書を郵送にてお送りいたします。

                             

    ケトルベル[48kg/ベントプレス]

    M・ITO/50ポンドリフト/2017.6/ブロックウェイト

    Portrait

    M・ITO/50ポンドリフト/2017.6/ブロックウェイト
  • 伊藤鉉鋳工所

    http://ito-gen.jp/ 唯一の国産ケトルベルメーカー伊藤鉉鋳工所は、昭和25年の創業以来、3代にわたって桑名の地で鋳物を製造してまいりました。
    自動機械による量産ライン、安価な海外への仕事の流出によって、
    国内の鋳造生産が激減する中、創業当時とほぼ変わらない、職人による手込み造型によって、
    小ロット、短納期、そしてお客様へのレスポンスの速さで生き残ってまいりました。 今後は、先代より引き継いだ職人の技術を残しつつ、
    若い世代を育成し、初代の名である「鉉」の字の如く、 鋳物の玄人集団を目指していきたいと考えております。  

    創業60年。国産鋳物の玄人集団。

    伝統を守りながら、鋳物の魅力、日本の職人魂を世界に広める。

    会社沿革

    昭和25年 初代伊藤鉉鎬が三重県桑名市江場にて「伊藤鉉鋳工所」(個人事業)創業
    銑鉄鋳物製造を始める
    昭和34年 伊勢湾台風で江場工場が倒壊
    昭和35年 現住所(桑名市和泉)へ工場を移転
    昭和49年 会社を法人化「有限会社伊藤鉉鋳工所」成立
    平成4年   2代目伊藤学が取締役社長に就任
    平成22年 第54回三重県鋳物生産技術競技会で桑名市長賞を受賞
    平成23年 3代目伊藤允一が代表取締役に就任
    平成25年 第57回三重県鋳物生産技術競技会で三重県鋳物工業協同組合理事長賞を受賞
    平成26年 第58回三重県鋳物生産技術競技会で桑名市議会議長賞を受賞

  • Contact Info

    HARD STYLE JAPAN

    〒511-0838 三重県桑名市和泉247

    公式ライン

    tel

    友だち追加
    0594-22-2265

    Our Location

  • 本物の強さを手に入れろ

    ただ筋力を鍛えるだけではない。

    HSJが推奨する「ハードスタイルトレーニング」は、ただ筋力を鍛えるだけでなく、出力と脱力を利用した「本物の力」を身に付けることで、スポーツだけでなく、日常生活にも通じる「強さ」を鍛錬できる。

    力は技術

    無限に続く挑戦。

    ハードスタイルトレーニングは、最初は誰にでも始めやすいが、進めていくうちに技術が必要な難易度の高いものに挑むことになるだろう。

    「ハードスタイル」を極めることで様々な効果が得られる。

  • ミリタリープレス

    1、 挑戦者はケトルベルをラックポジションに構えた状態から開始して下さい。

    2、 ケトルベルをラックポジションに構えたら、プレスで肘がロックアウトするまで膝を動かさず、  足は地面に着けたままにして下さい。

    3、 プレスの動作を始める前には、ケトルベルを持った拳は顎より下で保持して下さい。

    4、 ラックポジションに構えたら、ケトルベルを下げる動作をしないで下さい。

    5、 プレス動作に入る前には予備動作を入れないで下さい。

    6、 少し後ろや横に身体を傾けるのは許されますが、プレスの軌道を変えるほど傾けるのは禁止で  す。

    7、 ケトルベルを肩に乗せた状態からスタートするのは禁止です。

    8、 ケトルベルを頭上に挙げた際、肘を完全にロックアウトし、少しの間静止して下さい。

    9、 ケトルベルを下す際はラックポジションまで戻したら、自由に降ろして構いません。

    「ハードスタイル」を極めることで様々な効果が得られる。

  • ゲットアップ

    1、 ケトルベルを地面に置いた状態からスタートして下さい。

    2、 ゲットアップの動作中、ケトルベルを持った方の腕は肘がロックアウトされた状態を維持して下さい。

  • ベントプレス

    1、 挑戦者はケトルベルをラックポジションに構えた状態から開始して下さい。

    2、 ベントプレスの動作中、ケトルベルをプッシュしないで下さい。

    3、 ケトルベルを下す際はラックポジションまで戻したら、自由に降ろして構いません。

  • スナッチ

    1、 ケトルベルを地面に置いた状態からスタートして下さい。

    2、 スナッチの動作の際、踵が地面から浮かないようにして下さい。

    3、 ケトルベルを頭上に挙げた際、肘を完全にロックアウトし、少しの間静止して下さい。

    4、 ケトルベルを下す際はラックポジションまで戻したら、自由に降ろして構いません。

  • ボトムアッププレス

    1、 ケトルベルを地面に置いた状態からスタートして下さい。

    2、 ケトルベルを下す際はラックポジションまで戻したら、自由に降ろして構いません。

  • ブロックウエイト【デッドリフト】

    1、 地面から膝の上までリフトし、少しの時間静止して下さい。

    2、 ブロックウエイトを下す際は、落とさないようにしっかりと下してください。

  • インチダンベル【デッドリフト】

    1、 地面から膝の上までリフトし、少しの時間静止して下さい。

    2、 インチダンベルを下す際は、落とさないようにしっかりと下してください。

Copyright © 2001- 2017 Ito-Gen Co., Ltd. . All Rights Reservred.
>